スポンサードリンク

スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

英語の資格の勉強法.

  • 2009/01/20(火) 17:58:15

例えば、英語の資格を取得しようと思ったら、当た
り前ですが、まずは試験に合格しなければなりませ
ん。英語の資格の勉強法には専門学校に通う、通信
教育、独学、と大きく3つに分けることができます。

まずは、専門学校への通学です。これがもっとも段
階を踏んで計画的に持続できる学習方法であること
は一目瞭然です。しかし、高い月謝が必要になるの
で、その月謝に見合った指導をしてくれる学校を探
さなければなりません。数年前に話題になった英会
話教室のようなこともありますので慎重に選びまし
ょう。

2番目の学習法は通信教育です。新聞の折りこみチ
ラシにもよく入っていますね。これは、申し込みを
すると、学習教材が送付されてきて、それに従って
勉強をして、課題を提出すれば添削されて戻ってく
る、と言う流れが一般的です。

勉強の仕方もさまざまですが、DVDなどを見ながら学
習をして、不明な点や分からない点が出てきたら電
話やメールで質問をする、というシステムのが多く
なっています。

通信教育であっても独学と同じように、学習を続け
るには、本人の強い意志が必要になります。誘惑に
負けたり、日常生活にかまけたりしない気持ちで頑
張らなければならないのです。

業者によっては学習の進度報告を推奨していて、報
告が遅れがちになったり課題の提出がなかったりす
るとフォローしてくれるところもあります。

最後に独学についてですが、英検の2級程度までな
らば、学校英語と独学で十分合格することができま
す。しかし、英語の資格はスピーキングやリスニン
グもあるので、難易度が上がると、やはり独学では
難しいと言えるでしょう。

最近では、NHKテレビの教育チャンネルや、ラジオな
どでも語学番組をたくさん放送していますし、DVDや
CDが付いた参考書も多く販売されていますので、独
学で勉強をして語学資格を取得する人も、わずかです
が確かにいます。

これ以外に少数派として、外国にショートステイなど
をして現地の生活の中で言語を身につける強行派、と
言う方法もありますが、あまりお奨めできる手段だと
は言えないでしょう。

英語の資格の勉強法としてどの方法を選んだとしても、
共通して言えることは、合否の分かれ目は、最終的に
は本人の意志とたゆまぬ努力にあるということです。

語学資格の種類

  • 2009/01/18(日) 12:58:03

ここでは、語学に関係する資格にはどんな種類があ
るのか、例をあげてご紹介します。

一言で語学資格、と言っても日本で取得可能な語学
資格の種類はいろいろあります。また、どの資格を
選ぶのかは、その資格で何をしたいのかとか、その
資格をどのように活かしたいのかという将来のビジ
ョンによっても変わってくるでしょう。

代表的なものの一つとして、公的資格の英検があり
ますが、これは資格を活かして何かをすると言うよ
りも、学生の時に、受験や就職のことなどを考慮し
て、漢検などと同じ価値観で取得する人が多くなっ
ています。

TOEICは民間資格ですが、海外相手の仕事や海外留学
をする場合のスコアとしてほとんどの場合、適用され
ます。

また 翻訳系では、世界の50ヶ国で実施されている
公的資格に、翻訳技能認定試験(翻訳検定と呼ばれて
いる)があります。この試験では、英語と中国語の2
つの言語の間の翻訳力が試されます。試験の分野は、
以下の4つがあります。

A.文化、芸術、スポーツ
B.法律や政治、経済専門
C.科学、化学、工学などの理系専門
D.医学、生物、薬学

このように、かなり専門的な語学力が要求されます。

もう一つは通訳の資格があります。通訳の仕事の分
野は実に多岐に渡っていて、政治や経済などの外交
の場面以外にも、芸能やスポーツ、文化の分野など
でも通訳は活躍しています。

この試験は英語、イタリア語、ドイツ語、フランス
語、中国語、スペイン語、ロシア語、ポルトガル語、
韓国語の中から1カ国語を選んで受験します。
また、通訳の試験では語学力だけでなく、日本の歴
史や地理、文化や産業などの知識も必要になります。

次に、意外にお世話になっていることの多い語学資
格は一般旅行業務取扱主任者という資格です。資格
の名前は聞きなれないかもしれませんが、海外旅行
の添乗員などがこの資格を持っているといえば、な
るほどと思うでしょう。

この他にも英語TQEや、通関士、工業英語能力検定
試験、 翻訳実務検定など専門的な語学力が要求さ
れるものもあります。

自分がどの方向に向かって行きたいのか、をよく
考えて、何が自分に必要なのかを知っておくこと
が大切です。

語学資格の取り方と取得のメリット

  • 2009/01/17(土) 10:17:17

このページでは、特に英語やフランス語、中国語な
どの語学資格の取り方やメリットについてまとめて
みようかと思います。

現代社会は格差社会だと言われて久しいですね。派
遣切りなどに代表される雇用の問題もクローズアッ
プされています。この社会を生き抜くためにも、資
格は重要なアイテムになります。

一言に資格と言っても本当に多種多様で、通信教育
や独学で取得できる資格もあれば、専門学校などで
学ばなければ合格は難しいと言う、難易度の高い資
格もあります。

どのような資格を選ぶか、どんな資格の取り方をす
るかによって、生活のスタイルや将来のビジョンは
大きな影響を受けることになるでしょう。

さて、資格の中でもかなりメジャーな、語学資格の
取り方と取得のメリットについてお話します。語学
の資格と言った場合、多くの人がTOEICや英検に代
表される英語の資格を想像するのではないでしょう
か。しかし、日本で取得ができる語学資格は英語ば
かりではありません。

ドイツ語やイタリア語はもちろん、フランス語、こ
のところ目覚しい発展を続けている中国語などの資
格試験も受験者は年々増える傾向にあるのです。資
格を取得するには認定試験に合格しなければならな
いのですが、語学を学習すると同時に、その試験の
受け方もあらかじめ調べて準備をしておくと良いで
しょう。

次に、語学の資格を持っていると、どのようなメリ
ットがあるか考えてみましょう。単純に語学学校の
教師という道もありますし、例えば、その語学力を
生かして外資系企業や、海外との仕事をすることも
ある会社への就職も希望できるでしょう。

また、ボランティアに意欲のある方は、海外のボラ
ンティアなどに参加することも現実的になってきま
すね。このように語学の資格は自分のスキルをアッ
プさせ、格差社会で戦う為の強力な武器だと言える
でしょう。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。